高精度な3Dプリンタ、3Dスキャナ、3DCAD、3Dソリューション|東朋テクノロジー株式会社

東朋テクノロジー株式会社

052-251-7250
ホーム > 企業情報

企業情報

会社概要

会社名 東朋テクノロジー株式会社
設立 昭和7年10月
本社 〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目10番22号
資本金 4億3000万円
従業員 800名(グループ企業合計)
代表者 取締役会長 富田和夫
取締役社長 富田英之
事業所 稲沢ものづくり開発本部
東京支社
豊田支店
岡崎営業所
北九州営業所
京都事業所
東京営業所
大垣支店
滋賀営業所
許認可項目代表者 国土交通大臣許可(特-23)第563号
・管工事業
・機械器具設置工事業
・電気工事業
・内装仕上工事業
国土交通大臣許可(般-23)第563号
・電気通信工事業
・消防施設工事業
関連会社 東朋空調システム
株式会社ナコー
上海東朋科技有限公司
東朋技術(上海)有限公司
TOHO TECHNOLOGY INC..(USA)
PT. TOHO TECHNOLOGY INDONESIA

沿革

昭和7年 東亜工業 設立
昭和36年 東亜工業より家電部門を分離し、東亜家庭電器を設立
昭和44年 東朋製作所設立、自動制御盤の製造を創業
家電量販チェーン ナコーを設立
昭和45年 名古屋鉄道と折半出資にて名古屋電子エンジニアリングを設立
昭和52年 東朋製作所が多重伝送装置TOLINEを開発し製造販売を開始
昭和58年 東朋製作所を東朋エレクトロニクスに社名変更
昭和63年 現本社ビル竣工
平成2年 東亜工業と東亜家庭電器を合併し、東朋テクノロジーに社名変更
東朋エレクトロニクスがテイボーを吸収合併
平成3年 稲沢新工場完成(旧テイボー跡地)、西春工場を移転
平成6年 東朋テクノロジーと東朋エレクトロニクスを統合合併
上海に駐在員事務所を開設
上海市青浦区青浦鎮工業公司との合弁会社、上海東朋電子技術有限公司を設立
平成11年 米国KLAテンコール社から液晶検査装置FP20の独占的製造・販売権を取得
平成13年 1月12日をもって富田和夫、羽田野幸雄が会長、副会長に就任し富田英之が社長に就任する
シカゴに駐在員事務所を開設
上海に東朋技術(上海)有限公司を設立
平成14年 米国KLAテンコール社から半導体検査装置フレクサスの製造・販売権を取得
上海市青浦工業園区に上海東朋科技有限公司を設立
平成15年 新役員体制発足
環境マネジメントシステムISO14001認証取得
東朋空調システム株式会社を設立
平成16年 上海東朋科技有限公司新工場完成
豊田支店(豊田営業所改め)発足
天津に駐在員事務所を開設
平成17年 東朋技術(上海)有限公司の蘇州事務所を開設
大垣支店(大垣営業所改め)発足
米国ナノメトリクス社のFPD事業部門を買収し、成田事業所を設立
膜厚測定装置の製造・販売を開始
平成18年 中国上海市に開発設計・営業センターを開設
岡崎営業所開設
平成19年 関東支店(成田事業所改め)発足
西春工場開設
滋賀営業所開設
平成20年 東京支社(関東支店改め)発足
平成21年 米国ザイゴ社から液晶検査装置の製造・販売権を取得
米国Zコーポレーション社と代理店契約を結び、3Dプリンタ事業に参入
平成22年 シンガポール支店開設
台湾支店開設
平成23年 韓国支店開設
中国江蘇省に無錫事務所を開設
中国広東省に広州事務所を開設
電気分解を特徴とした排水処理技術の取得
平成24年 TOHO TECHNOLOGY INC.(アメリカ現地法人)を設立
PT. TOHO TECHNOLOGY INDONESIA(インドネシア現地法人)を設立
平成25年 米ナノメトリクス社より技術移管を受け、膜厚測定装置TohoSpec3000の製造・販売を開始
平成26年 吉田電機工業株式会社の株式を100%取得
平成27年 吉田電機工業株式会社を合併
(「東朋テクノロジー株式会社 吉田端子台事業部」として継続)