匠の会瓦版_第06号

メカ組立工場の「匠」

周りから指名される作業者になる。個としての技術向上と、棟梁としての統率力の向上を目指します。

「お客様と話が出来る。お客様に信頼される。」

その為には、自分の担当機種を深く知ることは当然ながら、広く浅く、多くの 知識が必要になります。

メカ組立てチームでは、OJTでのスキルアップの他に、定期的な勉強会を 開催し、普段は担当しない装置の勉強等、広い知識の向上に努めています。

菊池氏

講師を務める菊池氏この日は、彼が直面しているトラブル対策の状況を説明し、みんなからの 提案等を、聞きました。

勉強会の様子

勉強会の講師をするこ とにより、より深く 知識の向上を図る。

講師は持ち回りで行い、その内容は担当講師に一任しています。

そのため、自分の経験したクレームの内容のこともあれば、自分が作っている装置がどのように使われているか、装置の仕組みや、原理説明の話も有ります。

また、今直面している、困ったことの相談の日も有り、多肢にわたった勉強会が行われています。

勉強会は、メカ設計部、工事組立て部隊、板金製造部隊と共同にて、行っています。

毎週水曜日定時後、1Fメカ組立て事務所にて、勉強会を行っています。

興味のある方は、お気軽に参加してください。


ダウンロード