数字で見る
東朋テクノロジーのポイント

創業195年の歴史

創業195年

1819年(文政2年)に名古屋市旧鉄砲町に化粧品や輸入雑貨を取り扱う「紅葉屋」を創業し、その後、豊橋の新田開発や名古屋鉄道の創業などに携わりながら共に発展してきました。第二次世界大戦後には、日立グループの特約店として産業界へ進出しました。また、ものづくり事業として制御システム・通信システム部門を設立し、さらに工事事業を拡大。現在は、液晶や半導体の業界から、自動車・建設業界に至るまで幅広い業界に携わっています。現在は時代のニーズに合わせて新たに環境や水といった分野にも携わりながら発展しています。

ページ先頭へ

世界トップシェア商品6つ

世界トップシェア6つの商品

検査装置の分野でグローバルマーケットのトップシェアを誇る製品が6つあります。自社開発に加え、日米欧等の先端技術も積極的に導入し、様々な製品の世界トップシェアを狙っています。今後も、エネルギー・環境・情報通信の分野において「グローバルニッチトップ」製品の開発、ラインアップの拡充を推進していきます。

ページ先頭へ

従業員500名

従業員500名

東朋グループの従業員数は500名、人と人との絆を大切にする会社です。
今後も中部地域の経済発展と共に成長していきます。

ページ先頭へ

世界5カ国に海外現地法人と支店などの拠点を持つ

世界5カ国の拠点

平成11年米国KLAテンコール社より検査装置の技術移管を受け、平成13年米国シカゴ支店を開設しました。その後も、最先端の技術導入をし、現在は現地法人Toho Technology Inc.として、アメリカの新しいニーズの合わせて最新のモノづくりをしています。
平成6年に上海に「上海東朋電子技術有限公司」を設立。平成16年には上海青浦区に工場を設立し電子機器の製造を始めました。その後は独自の製品の製造も開始し、現在、現地社員200名、駐在員20名の現地法人となっています。今後は中国のニーズに合わせ、より現地化を進めていきます。 その他のアジア諸国には、平成22年台湾支店の開設、平成23年韓国支店、平成24年にインドネシア現地法人を開設し、成長著しいASEANマーケットに向け、現地に合わせた新しいソリューションを展開しています。

ページ先頭へ

グローバル№1のスローガン

ナンバー1

トップシェアを目指さなければ世界市場では存続できないとの認識のもと、エネルギー・環境・情報通信の各成長分野において「グローバルニッチトップ」製品の開発を進め、ラインアップを拡充しています。また、自社技術に加え日米欧等の先端技術も積極的に導入を図っています。

ページ先頭へ

7代にわたる一族経営

1819年に「紅葉屋」を創業して以来、代々富田家が営んできた老舗企業です。
現在、会長の富田和夫は1966年に取締役社長に就任。戦後の農地解放や戦時経済崩壊の激動の中で、それまでの家業を一新し、様々な事業を開始しました。現在、7代目の社長富田英之は、昭和61年に取締役に就任、その後平成13年に取締役社長に就任しました。上海市青浦工業園区に上海東朋科技有限公司を設立し、新工場を完成させました。その後、中国の経済成長にあわせ産業機器・空調機器の販売・工事・メンテナンスを目的として、東朋技術(上海)有限公司の設立し、中国事業の基盤を固めました。また、米国シカゴに駐在員事務所も開設しています。

富田家7代目

ページ先頭へ

5つのビジネスフィールド

5つのビジネスフィールド

エネルギー、IT・情報通信、研究開発、水・環境、医療・介護の5つのビジネスフィールドで事業を展開しています。エネルギーの分野では、火力発電プラントのタービン・ボイラー等の保全・保守を行っています。また、太陽光発電、蓄電池、LED照明の事業にも取り組んでいます。IT・情報通信の分野では、長年培ってきた情報・通信技術や洗浄・測定技術で、情報通信のさらなる発展に寄与していきます。研究開発の分野では、自社での開発や国内外からの先端技術の積極的な導入を通して、研究設備・機器のラインナップの更なる拡充を行っていきます。2010年には医療分野にも参入し、さらに2011年からは水ビジネス市場にも参入しました。水処理システムの開発・設計・製造・販売を行っています。

ページ先頭へ

TOLINE 30年以上の稼働実績

稼働実績30年以上

TOLINEは東朋テクノロジーの特許製品。シリーズ全体として、50万台以上の販売実績、30年以上の稼働実績があります。特徴は、最大4,096点の電子信号が送れる点、長距離(9km)の伝送が可能な点、ノイズに強いという3点。この製品は自動車メーカーをはじめ、様々な業種のメーカーで活躍しています。

ページ先頭へ

ナノスペック6500の液晶メーカー工場への納入台数

納入台数100台

FPDの生産ラインにおいて、ガラス基板上に湿布または成膜された薄膜の膜厚測定用として販売されている製品です。世界の主要液晶メーカー工場へ100台を超える納入実績があります。この製品はナノメトリクス社からの業務移管を受け、当社が独自の技術でさらなる開発を行い、付加価値を高め、製造・販売・サービスを行っています。

ページ先頭へ

創立記念日

10月14日

10/14は東朋テクノロジーの創立記念日。
今年は、その創立記念日に1泊2日で社員旅行に出かけました。今年式年遷宮を迎えた伊勢神宮を参拝し、観光を楽しみ、社員同士の親睦を深めることができた旅行となりました。

ページ先頭へ