会社の歴史

<会社概要>

東朋テクノロジー株式会社

本社所在地/名古屋市中区栄三丁目10-22

創  業/1829年(文政12年) 資本金/4億3,000万円

従業員数/830人(グループ企業合計)

事 業 所/稲沢ものづくり開発本部、京都事業所、

     東京支社、大阪支社、東京営業所、

     豊田支店、大垣支店、岡崎営業所、

     九州営業所、開発センター九州分室、

関連会社/東朋空調システム株式会社、株式会社ナコー、

     株式会社ダイトーマイテック

     上海東朋科技有限公司、

     東朋技術(上海)有限公司、

     TOHO TECHNOLOGY INC.(USA)

     PT. TOHO TECHNOLOGY INDONESIA


<経歴>

 昭和33年生まれ

 昭和57年 三菱商事に入社

 昭和61年 東朋テクノロジーに入社、取締役に就任

 平成 6年 専務取締役

 平成13年 代表取締役社長

<主な公職歴等>

 名古屋商工会議所 中小企業委員会委員長(平成25年12月~)

 中部経済同友会 代表幹事(平成27年度~29年度)

 上海市外商投資企業協会 副会長(平成24年4月~)


【創業190年の歴史】


1829年(文政12年)に名古屋市旧鉄砲町に化粧品や輸入雑貨を取り扱う「紅葉屋」を創業し、その後、豊橋の新田開発や名古屋鉄道の創業などに携わりながら共に発展してきました。第二次世界大戦後には、日立グループの特約店として産業界へ進出しました。また、ものづくり事業として制御システム・通信システム部門を設立し、さらに工事事業を拡大。現在は、液晶や半導体の業界から、自動車・建設業界に至るまで幅広い業界に携わっています。現在は時代のニーズに合わせて新たに環境や水といった分野にも携わりながら発展しています。


【グローバルニッチトップ】


トップシェアを目指さなければ世界市場では存続できないとの認識のもと、エネルギー・環境・情報通信の各成長分野において「グローバルニッチトップ」製品の開発を進め、ラインアップを拡充しています。また、自社技術に加え日米欧等の先端技術も積極的に導入を図っています。


【TOLINE 30年以上の稼働実績】


TOLINEは東朋テクノロジーの特許製品。シリーズ全体として、50万台以上の販売実績、30年以上の稼働実績があります。特徴は、最大4,096点の電子信号が送れる点、長距離(9km)の伝送が可能な点、ノイズに強いという3点。この製品は自動車メーカーをはじめ、様々な業種のメーカーで活躍しています。


【東朋テクノロジーが常に考えているのは、この激動の時代をどう生き抜いていくか。】

その為に最も重要なことは“人”であり、人が生み出す“アイデア”であり“チーム力”だと考えています。そこに年齢や性別、国籍は関係ありません。そして当社には皆さんが活躍できる可能性が無限大に有ると思います。なぜなら野心的に海外市場を開拓している点、また過去に新規事業を成功させてきたノウハウやプライド、失敗から学ぶ企業精神が有るからです。若くても目的が明確で、自発的にチャレンジできる社員にはその可能性を信じて任せてくれる社風が有ります。この社風のもと、一緒に未来を切り開いていきませんか。