東朋グループ瓦版 第14号

設備投資に関するご提案

安倍首相が表明した”3本の矢”を柱とする経済政策、アベノミクスが今年は話題となっています。そのひとつとして「投資減税」があります。

現時点でその投資減税については具体化されていませんが、グリーン投資減税と呼ばれる税制優遇制度が従来からあり、対象となる設備投資に関しては、特別償却や税額控除が受けられます。

弊社でも対象となる太陽光パネルやLED照明を用いた設備を提案して参ります。

太陽光パネルやLED照明について

太陽光パネルやLED照明に関しては「グリーン投資減税」の対象設備となっており、
条件を満たせば税制優遇を享受出来ます。

グリーン投資減税について

青色申告書を提出する法人又は個人が、グリーン投資減税対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却又は7%税額控除のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。ただし、税額控除は中小企業者等のみ適用できます。詳細は、資源エネルギー庁WEBページ(http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/)をご参照願います。

新製品のご紹介

トップランナー規制対応高効率モータ 「ザ・モートルNeo100 Premium」シリーズ

日本国内では、「エネルギー使用の合理化に関する法律」(省エネ法)にて、対象となる機器のエネルギー消費効率の目標基準値および達成年度を定めた「トップランナー基準」が導入されています。

より効率値の高いトップランナー規制に対応した高効率モータ「ザ・モートルNeo100 Premium」シリーズで、ますますの省エネ化を推進していきます。

第24回 設計・製造ソリューション展に出展

6月19日 (水)~21日(金)に東京ビッグサイトにて開催された「第24回 設計・製造ソリューション展」に出展しました。

ブースでは、お手頃価格で使いやすいエントリーモデルのパーソナル3Dプリンターから、高精細・高精度・フルカラーで造形可能なプロ フェッショナル3Dプリンターまで各種そろえ、3DスキャンデータからCADモデルを作成するリバースエンジニアリングソフトウェア Rapidform XOR、三次元測定データ検査ソフトウェアRapidform XOV等を展示しました。

3Dプリンターに興味のある方は弊社WEBページhttp://www.toho-tec.co.jp/3d/)をご覧ください。


ダウンロード