東朋グループ瓦版 第28号

漏れ電流検出機能付太陽光ストリング監視接続箱

太陽光発電システムはメンテナンスフリーではありません。多くのトラブルが発生しています。メガソーラーの太陽光発電システムは、何万枚もの太陽光パネルで構成されます。そのため、従来技術では不具合が発生しても正常な太陽光パネルに埋もれてしまい、不具合箇所を特定できませんでした。太陽光パネルを20枚程度でまとめたストリング単位で監視し、不具合の太陽光パネルを特定して早期復旧を容易にするストリング監視装置を開発しました。弊社の接続箱は、発電電流、発電電圧のという従来の機能に加えて、漏れ電流の検出機能を持っています。

※メガソーラー 大規模な太陽光発電所のこと ※ストリング モジュールを組み合わせた単位 ※モジュール 太陽光パネルの最小の単位

漏れ電流の発生を放置すると、売電量が減るだけでなく、感電による人災、発熱による火災などの重大事故に繋がる可能性があります。

東朋のストリング監視接続箱は漏れ電流を検出できます。

漏れ電流検出機能付太陽光ストリング監視接続箱 製品概要

特徴

  • 業界初!漏れ電流検知による異常発見
  • 発熱によるパワーロスの低減!
  • ストリング電圧DC1000V対応
  • 防水/防滴/防塵IP65対応可能
  • 1接続箱 最大24ストリング接続可能

導入メリット

  • 電力低下や事故に繋がる漏電流異常を早期発見(業界初)
  • 逆流防止ダイオードの発電ロスの減少(600V仕様)
  • 小型の接続箱
  • 長寿命

連絡先:電子制御システム事業 開発センター TEL:0587-24-1214

TOHO TOPICS

東朋空調システム(株)の販売店様の会である「朋進会」の恒例行事である京都伏見稲荷初詣が今年も1月17日に開催されました。総勢70名、気持ちも新たに商売繁盛を祈り、懇親を深めました。ご参加いただきました朋進会会員の皆様、日立グループの皆様、今年も東朋グループを宜しくお願い致します。


ダウンロード