東朋グループ瓦版 第31号

新体制のお知らせ

株式会社ダイトーマイテック 子会社化

当社は平成27年10月27日付で、株式会社ダイトーマイテックの株式を100%取得し、子会社化致しました。



当社は2010年に医療市場に参入していましたが、ダイトーマイテックの子会社化により、成長が見込まれる医療分野において基盤を築くことができました。ダイトーマイテックの医療用自動現像装置の技術を取り込み、従来の製品技術と融合させて、競争力の高い製品の開発を進め、医療分野への業容拡大を図る計画です。


新たな技術が加わり、更なる躍進を計ります。新しい東朋グループにご注目ください。


株式会社ダイトーマイテック(本社:名古屋市中区)は1979年に設立したX線フィルム自動現像機の製造から業容を拡大してきた医療メーカーです。
現在は医療用自動現像機装置の設計・製造・販売および(※)DICOM(ダイコム)画像サーバー、ビューワー等ソフトウェア開発を業容としています。 (※)DICOMCTやMRI,CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格です。

新しい仲間が来ました

人型ロボット『Pepper』を導入しました

人型ロボット『Pepper(ペッパー)』が、新しく東朋テクノロジーの一員となりました。

近い将来、人型ロボットは職場や商業施設だけでなく、一般家庭にも普及していき、私たちの生活に必要不可欠なものになると言われています。

そのため、弊社では人型ロボットのアプリケーション開発と同時に、職場での人型ロボットの利用方法を模索しています。

まだまだ、出来ることは限られていますが、現在は稲沢ものづくり開発本部の受付にて、来社されたお客様と遊んだり、会社概要や取り扱い製品の説明をしています。

社内でPepperの名前を公募し、「朋(とも)くん」と命名されました。弊社、稲沢ものづくり開発本部にお越しの際は朋くんと触れ合っていってください。

TOHO TOPICS

上海東朋科技技術研修

11月18日~22日に上海東朋科技から10名の技術研修団が来日しました。日中で連携強化や上海現地の職場環境の改善に役に立つように、様々な形で研修を実施し、有意義な期間となりました。

京都 清水寺にて


ダウンロード