『プラントメンテナンスショー』出展のお知らせ(2020/7/29~31)

この度、弊社ではインテックス大阪にて開催されます
「第44回 プラントメンテナンスショー」に出展致しますので、ご案内申し上げます。
皆様におかれましては、大変お忙しいとは存じますが、是非ともご来場賜わり
東朋テクノロジーのブースへお立ち寄りくださいますよう、心よりお待ち申し上げます。
 

◆第44回 プラントメンテナンスショー
会期:2020年7月29日(水)~7月31日(金)
場所:インテックス大阪
時間:10:00~17:00
ブース:3号館 3M-01

 

◆展示内容(一例)
1.『注目製品』 設備予兆余命診断システム Foresight

Foresightは回転体に特化した予兆診断システムとして、設備・機器の状態を診断します。

少ない初期データで診断を開始でき、解析状態のトレンドと将来の予測グラフから、

メンテナンスまでの残存時間を1~2ヵ月前から表示します。

機械工学・破壊理論に基づく多面的な解析手法を使うことで、

AIやFFT解析だけでは検知できない微細な摩耗や損傷も検知し、お客様のCBM実現に貢献します。
 

2.『注目製品』 見える化パッケージソフト

・設備稼働監視システム:設備のリアルタイムな稼働状況の「見える化」を実現

・入出庫管理システム:さまざまな業種、業態に対応した入出庫管理業務の「見える化」を実現

基本仕様に対し、オプション仕様追加やカスタマイズ対応により、ご希望のシステム構築を実現いたします。

また、設備からの信号取り出し方法も一緒になって検討いたします。
 

3.『注目製品』 パイプ・バルブの状態監視システム

柔軟なセンサ(応力/歪・温度を計測)を活用し、パイプ曲面などの取付け困難な箇所に張り付ける状態監視システムです。

センサからの情報は無線通信で上位クラウドへ伝送。既存設備へ簡単に後付け可能で、パイプ・バルブ等の状態監視の実現に貢献します。
 

4.『注目製品』 簡易設置型・設備監視システム 

500円玉サイズの超小型センサが温度、振動、衝撃、傾きを計測し設備の稼働監視をします。

定期通信+閾値を超えた時のみ通信し、長期間のバッテリー駆動を実現します。

お客様の既存設備に簡単に後付けできる無線ユニットで、簡易的な設備の監視を実現します。
 

 

                            【お問合せ先】東朋テクノロジー株式会社

                                   エレクトロニクス事業本部

                                   電話(0587)81‐3151

 

「プラントメンテナンスショー2020ご案内」