資材調達に関する基本方針

はじめに

このページは、東朋テクノロジーと取引を希望される皆様に、弊社の資材調達手続きのあらましを紹介したものです。

このページを通して、優れた製品やノウハウをお持ちの数多くの皆様と新たな関係が築かれるよう期待しています。

調達の基本方針

資材課は、次の3つの基本方針に従って資材の調達を行っています。

1.国内外に広く門戸を開放しています。

資材の調達にあたっては、国内の企業はもとより、広く海外の企業の対しても門戸を開き、優れた技術を有し良好なサービスを提供できる企業との取引を望んでいます。

2.取引先は公正に選定しています。

取引先の選定にあたっては、提供される製品の品質、性能、価格および納期の確実性、アフターサービス、さらに取引先の技術・生産能力、経営状態、安全管理体制あるいは環境保全への取組姿勢等を総合的に評価し、経済的合理性に基づいて公正に選定を行っています。

3.取引先との信頼関係の確立・維持に努めています。

製品を、安定的かつ経済的に製造・供給するためには、良質な資材を適正な価格で必要な時期までに確保することが必要です。このために、透明かつ公正な資材調達活動を通じて、取引先の皆様とのより確かな信頼関係の確立と維持に努めています。

取引先登録制度

製品を安定的かつ低廉に供給するためには、良質な資材を適正な価格で必要な時期までに確保することが必要です。 このため弊社では、経営や技術の優れた会社をあらかじめ選定して登録し、この登録会社の中から見積依頼先を選定する制度をとっています。

登録申請

登録を希望される方は登録を希望する事業部の資材調達ページにおいて取引会社登録申請を行ってください。追って、電子メールもしくはファクシミリにて申請に必要な書類等のご案内をいたします。 会社登録は事業部ごとに行いますので、取引きしたい製品が複数の事業部にまたがる場合であれば、各々の事業部ごとに登録される必要があります。

申請費必要な書類 会社経歴書取引を希望される製品のカタログその他(必要の応じて追加資料、サンプル等の提出をお願いします。)

審査および登録

弊社は、提出書類をもとに、経営的要素および技術的要素(技術力、生産・受注能力、品質管理体制等)ならびにアフターサービス体制等を客観的に審査し、登録申請会社が弊社の取引会社として適格であると評価された場合には、当該物品の取引会社として登録いたします。

調達手続き

見積依頼および見積書等の提出

見積依頼にあたっては、見積作成に必要な仕様、契約条件等を見積依頼先に公平に提示します。 見積書および見積仕様書等必要書類は指定の期日までに提出していただきます。これらの書類は、弊社の要求する条件を満足している場合にのみ有効となります。 また、見積仕様書について技術審査を必要とする場合は、見積開封前にその審査を行い、その結果、弊社の要求する仕様を満足する内容であると認められる場合に有効となります。

価格交渉および契約締結

一般的には、提出された有効な見積書のうち、最低の見積価格を提示した会社と交渉を行い、価格および契約先を決定します。契約は弊社の定める契約条件によることとします。

製品の納入・検査および契約代金の支払

製品は、契約の諸条件に従って納入されるものとし、弊社の最終的な検査に合格しなければなりません。 契約代金は、原則として、この検査に合格した月(毎月20日を締切日とします。)の翌月末に支払います。ただし、製作に長期間を要するなど特別の事情がある場合には、協議の上、個別に支払条件を定めることがあります。

その他の重要事項

守秘義務

弊社および取引会社が、取引に関して知り得た機密情報は、双方とも守秘義務を負うものとします。これらの機密情報は、文書による了解がない限り、第三者に開示することを禁じるものとします。

損害賠償の請求

製品の納入が契約に定める納期より遅れた場合には、損害賠償を請求することがあります。

法令の遵守

弊社との取引にあたっては、関連する法令を遵守するようお願いします。

調達情報についてのお問い合わせはこちら TEL