×
商品情報

PLINE2線通信タイプとは?

のイメージ画像

制御用のCPEV線や多芯ケーブルの余り2芯を伝送路として、通信できる装置です。
既設伝線にEthernetやRS485を重畳させることで、既設線を活用しながらネットワークの構築やカメラの動画データ通信などを行うことができます。

線種を選ばず伝送可能

のイメージ画像

2本の電線があれば通信でき、予備選・空き線が活用できます。CPEV線などの制御用専用線であれば全て良好にお使いいただけます。上記は一例で、トロリー線・スリップリング・ケーブルリール・天井用配線ダクトシステムでも活用可能です。

マルチホップ機能・トポロジーフリーで柔軟な構成

のイメージ画像

マルチホップ機能により最適な通信経路を選択し、通信距離を飛躍的に伸ばすことが可能です。
また、トポロジーフリーな為、経路を気にすることなく配置可能です。

サポートツールでトポロジー表示可能

サポートツールを用いることで、子機の接続状況や通信速度などを確認することが可能です。
マルチホップ接続の場合、右図のようにトポロジー表示することもでき、どういった経路で接続されているか確認することができます。

サポートツールは下記「カタログ、資料のDL」からダウンロードください。

のイメージ画像

用途・アプリ

続きを読む

1トロリー線での台車制御

トロリー線2極を使用して、移動台車にEthernet信号を伝送します。
通信距離500m程度、伝送可能です。

酸化被膜やサビに強く、機上のPLCのデータ書き換えや映像信号の伝送も行えます。

トロリー線での台車制御のイメージ画像

2工場内のネットワーク構築

既設の余り線を利用して工場内のネットワーク構築に貢献します。
Ethernet/RS485信号を伝送することができ、場内のセンサ信号やカメラ映像を伝送することが可能です。

工場内のネットワーク構築のイメージ画像

製品ラインナップ・概要仕様

続きを読む

ケーブル線・Ethernet/RS485搭載・標準/マルチホップ切替タイプ

通信タイプ​ 標準・マルチホップ切替タイプ(Ethernet、RS485)​
型式​ TH-PLC-DCRW (屋内屋外共用)
通信速度 カタログ参照下さい
通信距離​ 上記 特徴①参照​​
接続台数 標準:128台 マルチホップ:1,024台
RS485は本機含み32台​

ケーブル線・Ethernet/RS485搭載・標準/マルチホップ切替タイプのイメージ画像

ハイインピーダンスタイプ

通信タイプ​ 標準・マルチホップ切替タイプ (Ethernet、RS485)
型式​ TH-PLC-DCRW-Z (屋内屋外共用)
通信速度 カタログ参照下さい
通信距離​ 100~2000m(電線による)
接続台数 標準:128台 マルチホップ:1,024台
RS485は本機含み32台

ハイインピーダンスタイプのイメージ画像

ノイズフィルター

型式​ TH-PLC-NF1

※ 詳細は資料ダウンロードをご参照ください。

ノイズフィルターのイメージ画像

終端抵抗

型式​ TH-PLC-RDC

※ 詳細は資料ダウンロードをご参照ください。

終端抵抗のイメージ画像

DOWNLOAD カタログ・資料ダウンロード

続きを読む

カタログ

資料 ダウンロード
PLINE 2カタログ pdf
PLINENFのご紹介 チラシ pdf

取扱説明書

資料 ダウンロード
PLINE_取説_TH-PLC-DCRW_第2版 pdf
PLINEサポートツール取扱説明書(マルチホップ用) pdf
PLINEサポートツール取扱説明書(RS485用) pdf
別紙_PLINEマルチホップ_接続制御設定手順 pdf

ツール

資料 ダウンロード
PLINEサポートツール(マルチホップ版)_V110 zip
PLINEサポートツール(RS485版)_V110 zip
Ethernet速度測定ツール zip

CASE STUDY 採用事例集

続きを読む

イメージ画像

ネットワークケーブルに関する事例多数

PLINE 2線通信タイプ事例集

ダウンロードはこちらから

お問い合わせ

エレクトロニクス事業本部

営業時間 平日 9:00〜17:00