×
商品情報

TOLINE-XMとは?

のイメージ画像

TOLINE-XMは大容量のデジタル信号をトロリー線やスリップリングを介して伝送可能です。
伝送できる信号点数も増え、様々なPLCと接続することも可能です。

業界最速・多点数の信号伝送

TOLINE-XM
信号点数 7,168点
伝送速度 設定、点数などに応じて異なります。
詳細は取説P33を参照ください。
伝送速度設定 倍速 標準 1/2速 1/4速
伝送距離 300m 750m 1km 1km
接続可能台数 32台
対応PLC 三菱電機、オムロン、JTEKT、KEYENCE

・通信応答速度例
1子局あたり送信32点・受信32点・子局数5台 同報機能なし・倍速モード の場合 30,8ms(ただし、PLC間の通信を除く)

多様なPLCと接続(下表は一例です)

メーカー シリーズ/型式 備考
三菱 QシリーズCPU Q**UDECPU MCプロトコル 3Eフレーム
Q**UDEHCPU
QシリーズEthernet QJ71E71-100
iQ-RシリーズCPU R**CPU
R**ENCPU
iQ-RシリーズEthernet RJ71EN71
OMRON CJ1シリーズCPU CJ1*CPU**-ENT FINS UDP
CJ2シリーズCPU CJ2*CPU**-EIP
CJシリーズEthernet CJ1W-ETN21
CJシリーズEthernet CJ1W-EIP21
CPシリーズEthernet CP1W-CIF41
CSシリーズEthernet CS1W-ETN21
CSシリーズEthernet CS1W-EIP21
JTEKT PC10シリーズCPU PC10G-CPU コンピュータリンク方式
PC10シリーズEthernet 2Port-EFR
PlusシリーズCPU Plus CPU
PlusシリーズEthernet Plus EFR
キーエンス KVシリーズCPU KV-5000 MCプロトコル 3Eフレーム
KVシリーズEthernet KV-LE20V

省スペースで柔軟な取付

(Ⅰ)DINレール取付に対応しました。(図1)
(Ⅱ) 従来と比較して小型軽量化しました。
(Ⅲ) 着脱式端子台とI/Oコネクタを採用しました。(図2)
万が一のユニット交換時においても、交換の手間が大幅に低減されます。

のイメージ画像

用途・アプリ

続きを読む

1天井台車の自動化制御

トロリー線を伝送媒体とすることで天井台車の制御を行います。曲線移動にも対応でき、台車が移動しながら信号のやり取りが可能です。
複数の台車に2極のトロリーで信号を伝送できます。

PLCと直接接続することで、システムのコストダウンにつながります。

天井台車の自動化制御のイメージ画像

2コンテナクレーン、アンローダの制御

船に積載されたコンテナや石炭などの材料を荷揚げするための移動機械に多重伝送を使用し、駆動部と操作室の制御盤をケーブルで接続させます。ケーブルの芯線を大幅に削減することができます。

コンテナクレーン、アンローダの制御のイメージ画像

製品ラインナップ・概要仕様

続きを読む

TOLINE-XM 親局

型式 説明
XM-TBM32 親局ユニット Ethernetインターフェース

TOLINE-XM 親局のイメージ画像

TOLINE-XM 子局ユニット

型式 説明
XM-TBS32 子局ユニット I/Oカード用
XM-TSE32 子局ユニット Ethernetインターフェース

TOLINE-XM 子局ユニットのイメージ画像

TOLINE-XM IOカード

型式 説明
XM-XD216 16点入力ユニット
XM-YTN16 16点出力ユニット

TOLINE-XM IOカードのイメージ画像

FAQ よくあるお問い合わせ

代理店を紹介してほしい

下記代理店リンクを参照ください。 PDF

使用している機種が継続生産しているか。

下記廃止品一覧を参照ください。 PDF

TOLINE-XMとPLCを接続する手順について

資料ダウンロードページより「TOLINE-XM各種PLC設定例」をご参照ください。またあわせてサポートツール取扱説明書もご確認ください。

TOLINE-XMの通信速度の計算方法が知りたい

TOLINE-XMの取扱説明書の8項を参照ください。 例.1子局あたり送信32点(4バイト)受信32点(4バイト)、子局5台の場合倍速モード時の通信応答速度30.8ms(ただしPLC間の通信時間Tmpは別途かかってきます)

XM子局が信号線につながり、親局からの信号受信時間

TOLINEの1スキャン+αになります。ただし、子局電源はONした状態とします。 TOLINE-XMの取扱説明書の8項を参考にして、計算してください。 例.1:1、送信2バイト・受信2バイト、同報なし、倍速で、10ms程度。+αは、倍速モードで約1.8msです

機器の修理は可能か、どこに発送すればよいか

基本的に修理は可能です。まずは、購入先にご返送ください。ただし以下の場合は、修理できない場合があります。 •生産終了した機種 •破損の大きいもの、焼損したもの、水没したもの •修理費用が製品価格を上回ると予想されるもの •納入後10年以上経過したもの

故障時の見分け方を教えてほしい

ホームページにある取扱説明書をご覧ください。メンテナンス欄に詳細に記載しています。 予備品があれば、故障機器を交換して復旧するかを確認願います。

A3は既設のA2と互換性があるか

通信の互換性はあります。A3のI/OカードをA2のベースユニットに装着しても動作しません。ベースユニットとI/Oカードは同一シリーズでセットしてください。 A2は20年以上前に生産終了していますので、A3への更新をお奨めします。

DOWNLOAD カタログ・資料ダウンロード

続きを読む

カタログ・取扱説明書

資料 ダウンロード
TOLINE-XMカタログ pdf
TOLINE-XM取扱説明書 pdf
TOLINE-XM接続可能PLC pdf
TOLINE-XM_PLC設定例(三菱PLC編) pdf

CASE STUDY 採用事例集

続きを読む

イメージ画像

多重伝送装置に関する事例多数

TOLINE-XM事例集

ダウンロードはこちらから

お問い合わせ

エレクトロニクス事業本部

営業時間 平日 9:00〜17:00