戦後〜創業期

五代目・富田重助 重信(じゅうすけ しげのぶ)

昭和初期の金融恐慌やそれに続く戦時下の苦難を乗り越え東朋グループの前身会社を設立し、現在の基盤を築くとともに、名古屋鉄道(株)や愛知化学工業(株)などの役員を歴任。

1932年

東朋グループ前身である養和会(資産管理会社)が設立される。戦後、日立製作所特約店としてスタートした当時の社屋

1946年

東亜工業株式会社(商事部門の起源)が株式会社日立製作所と特約店契約を締結、名古屋鉄道株式会社に電話交換システムを納入し、日立グループ関連会社の総合代理店への道をあゆみはじめる。1957年(昭和32年)頃 当時の社員

1941年

太平洋戦争勃発

1945年

第二次世界大戦終戦

1959年

伊勢湾台風

1964年

東海道新幹線開通、東京オリンピック開催