多重伝送装置
システム構成例

散水用バルブ長距離制御

使用機種: TOLINE-Vシリーズ ヤードで風による粉塵の飛散を防ぐために水を定期的に撒いています 散水用の電動弁までの距離は、約10kmありその間に電動弁が100個点在しています。 電動弁の電源と信号線を同一のケーブルで敷設でき、長距離伝送できるTOLINE-Vが採用されました。 -10℃~50℃の室外環境にて24時間稼動が必要です。 このように長距離、過酷な環境でも使用できることが採用のポイントでした。

メリット or 採用ポイント
  • 約10kmの長距離伝送
  • 100点の信号の伝送
  • -10~50℃の環境で連続使用

 

セキュリティー管理

使用機種: TOLINE-Vシリーズ 各階に置かれた防犯センサーの信号を1Fにて集中管理するために多重伝送を使用。 2本の信号線で150点程度の信号を監視している。 多くの配線は敷設コストやメンテナンスコストの増大になるため、多重伝送で省配線化した。

メリット or 採用ポイント
  • 省配線なので配線が目立たない
  • 容易にダクトを通せる

 

ポンプ場、ため池の水位モニタ・異常検知

使用機種: TOLINE-Vシリーズ TOLINE-Vは最大9kmの長距離伝送が可能です。 ツイストペアケーブルなので敷設コストが低く、設備移動、増設も容易です。 ソフトウェア設計コストが不要です。

メリット or 採用ポイント
  • アナログ・デジタル混在可能
  • システム構成にソフトウェア不要
  • つなぎ直しが容易
  • 順番に増設可能

天井走行クレーン

使用機種: TOLINE-Mシリーズ ジェット機エンジン搬送用天井クレーンの自動制御にTOLINEを使用し、上下前後、その他の制御信号をトロリーダクトを経由して伝送している。TOLINEはレールに接触している間常時通信をしている。

メリット or 採用ポイント
  • 移動しながら信号のやり取りができる。
  • 曲線移動にも対応できる。
  • 複数の台車を1つのトロリーで伝送できる。

ゴンドラ制御システム

使用機種: TOLINE-Mシリーズ 感電防止のため48Vの特別仕様を製作し、使用して頂きました。 多重伝送を使用することによりスリップリングを介して電源線(AC100VまたはAC48V)3本と信号線1本の4本で信号を送ることが可能になりました。太陽の輻射熱の影響もあり-10℃~50℃の環境にて使用できることも採用理由のひとつでした。

メリット or 採用ポイント
  • 4本のケーブルで制御可能
  • -10~50℃環境で使用可能
  • 顧客に合わせた仕様設計

コンテナクレーン、アンローダ

使用機種: TOLINE-Mシリーズ 船に積載されたコンテナや石炭などの材料を荷揚げするための移動機械に多重伝送を使用し、移動体と固定部の制御盤をケーブルで接続させます。 この際ケーブルの芯線を少なくすることによりケーブルの寿命を長く持たせる効果があります。伝送スピードを上げるために2式に分けて使用することもあります。

メリット or 採用ポイント
  • スリップリングでも安定伝送
  • 少ない線で、多くの信号を伝送できる
この商品についてのお問い合わせはこちら 電子制御事業部 営業チーム(電子) TEL 0587-24-1214 インターネットでのお問い合わせはこちらから